あすよむまんがは?

自分が読んだ漫画をご紹介します。購入の参考になれば。

リュウマのガゴウ/宮下裕樹【マンガ紹介】

f:id:takcomic:20190721165724j:plain f:id:takcomic:20190721180641j:plain f:id:takcomic:20190721180644j:plain f:id:takcomic:20190721180646j:plain 

 

 リュウマ」の名を中心に繰り広げられる年代記

話が進むごとに背景が明らかになる群像劇、文明崩壊後の世界、隠された真実…

という言葉に惹かれる方にはぜひ読んでほしい一作。

2017年2月に完結済みです。全10巻)

 

 ① 受け継がれる「リュウマ」という名。

タイトルにもあるようにこのマンガの中心となるのはリュウマ」という名前を中心に語り紡がれる人類の歴史です。

様々な人物の視点から描かれる群像劇のような鮮やかさ、文明崩壊後の世界で過去の技術を掘り出しながら生活する世界観、化け物におびえて暮らす人々…。硬派なSFファンタジーの雰囲気を持つ素晴らしい作品です。

一巻だけでもリュウマ」「ジン」「白皮(ハクヒ)」「世界の枝」という謎めいた言葉が出てきますし、人によって「リュウマ」へ抱く思いが全くことなります。これらの謎が鮮やかに明かされる本作品は必見です。

② どんなあらすじ?

人類の生活が「白皮(ハクヒ)」という怪物に脅かされるようになった世界では、かつて世界を救ったと言い伝えられる「リュウマ」が今も世界の各地に現れ、世界を救っている。

リュウマ」はおとぎ話の世界と笑う者もいるが、目の前のリュウマの強さは疑いようもない。

「白皮」とは何なのか、「リュウマ」とは「ジン」とは何者なのか。

「白皮」と戦う代々の人類を通じて、物語は世界の真相に近づいていく――

③おすすめポイントは?

 徐々に明かされるストーリーと魅力的な登場人物。

リュウマ」の活躍を通じ、物語は真相に近づいていきますが、この作品、固有の名前というものがとことん排除されているように感じます。個人の思いは次なる世代に受け継がれ、世界は広くつながっていく…

このような壮大なストーリーが1シリーズでまとまっているのは、見事というほかありません。

登場人物も、宮下裕樹先生の魅力的な筆致で描かれ、中盤以降に出てくる特徴を持った集団「ブシドー」の面々は特に魅力的です。

ぜひ、ご一読ください。

④ 評価は?

多少難解な部分もあるので、人を選ぶ作品だとは思いますが、全体を通して、ページをめくりたくなる魅力が薄れることはありません。

最終巻にかけては多少の駆け足感こそありますが、きれいにまとめられており、言うことなし。オススメです。

 

1巻の試し読みはこちら からどうぞ(Hontoの立ち読みがAmazonよりも1p多く読むことができます。)

 

f:id:takcomic:20190721180701j:plain f:id:takcomic:20190721170606j:plain 

 

徐々に明かされるストーリーと魅力的な登場人物が素晴らしい。
リュウマ」の活躍を通じ、物語は真相に近づいていきますが、この作品、固有の名前というものがとことん排除されているように感じます。個人の思いは次なる世代に受け継がれ、世界は広くつながっていく…

このような壮大なストーリーが1シリーズでまとまっているのは、見事というほかありません。

登場人物も、宮下裕樹先生の魅力的な筆致で描かれ、中盤以降に出てくる「ブシドー」の面々は特に魅力的です。

ぜひ、ご一読ください。